【認定経営革新等支援機関】
税務顧問はこちらのHPご参照ください。

こんなVCはイヤだ・・

 大喜利のお題みたいなタイトルになりましたが、、
会社とVCの相性は大事だな、というお話です。
 多くのVC担当者さんは、一度関与が決まれば、かなり積極的に経営サポートに入ってくださると思っています。例えば、経営モニタリングのみならず、営業活動をして顧客獲得してくれるケースなどもあり、事業成長のためにはリソースを使ってくださるありがたい存在であります。
 しかしながら、VCごとにさらには担当者さんごとにキャラクターが違っているのも事実です。
 私が経験したケースで、相性の悪さを感じたのは、事業の成長速度にそぐわない形で上場準備を進めさせられるケースでした。投資のタイミングで描いた計画が後ろ倒しするケースは良くある話で、会社として事業立て直しをする必要もあります。そのような状況下にもかかわらず、IPOのための内部統制強化を強いられたケースでは、売上回復どころか、営業部門に細かいルールが増えることで、結果成長が鈍化しそうなケースがありました(もちろん、口を挟んで適正化しましたが)。
 一度入っていただけば、(感覚的には)一生ものの(実際はEXITまでの5年程度)お付き合いですから、慎重に見つけたいものです。


Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA